名シーン

ルドビコ治療を受けるアレックスの表情がかなり面白い話『時計じかけのオレンジ』

『時計じかけのオレンジ』の名シーンといえば、刑務所入りしたアレックスがうけるルドビコ治療だ。ルドビコ治療は実際には存在しないが、倫理的に反したアレックスを矯正するために用いられる。

 

 

ルドビコ治療の様子

 

頭に脳を分析する装置を取り付けられ、体を拘束される。

目も見開いた状態で固定され、一切瞬きすらできなくなる

瞬きができない代わりに、目の水分は医師が目薬を垂らすように投入する。

何かを観させられる。

 

 

①観させられる映像は「暴力」と「強姦」の映像だ。

②この2つを常に繰り返し繰り返し、観させられる。

 

 

アレックスの3段階にわたる傑作とも言える顔

 

もともとドルーグでは、暴力と強姦を行っていた。

アレックスは最初は結構余裕だったのだ。

 

 

 

ところが、ずっと観ているとアレックスの心に変化が生じる。

暴力と強姦を見ると吐き気を催すのだ。

 

これは脳波に何かを流しているのか、目薬に薬が含まれているのか定かではない。

だが、明らかにアレックスの様子が変わってくる。

 

 

 

 

気分が悪くなるアレックスは、この実験を2週間以上も毎日2〜3回以上も受けなければならないことを知って絶望する。

 

 

そしてもう拷問だ。「許してくれー!!」と喚くアレックスは最高だ。

 

 

 

ヘーイ!!!

もう許してくれーーー!!!

 

 

ブロドスキー博士は「すまんがまだ耐えてもらおう」

 

と冷静だ。

 

時計じかけのオレンジはとてもユーモアに溢れている。

アレックスを演じるマルコム・マクダウェルの表情に注目してみても、この映画は十分に楽しめる。

関連記事

  1. 映画「ゴッドファーザー」愛のテーマは鳴り止まない!?【史上最高マ…
  2. ナッドサット言葉はソビエトの社会主義を風刺していた?『時計じかけ…
  3. 映画『スターウォーズ エピソード3〜シスの復讐』シディアス卿の姿…
  4. スタンリーの名映画『時計じかけのオレンジ』のオレンジってどんな意…
  5. インド映画の名作『きっとうまくいく(3 idiot)』は最高に前…
  6. 『レオン-完全版-』は大傑作映画 !!孤独な殺し屋レオンの元へ舞…
  7. クワイ=ガンは死んでなかった!?永遠の存在となった師匠の存在
  8. 名映画『ゴッドファーザー』を動画配信サービスで見たいならAmaz…







ピックアップ記事

PAGE TOP