スタンリーキューブリック時計じかけのオレンジ

  1. ルドビコ治療を受けるアレックスの表情がかなり面白い話『時計じかけのオレンジ』

    『時計じかけのオレンジ』の名シーンといえば、刑務所入りしたアレックスがうけるルドビコ治療だ。ルドビコ治療は実際には存在しないが、倫理的に反したアレックスを矯正するために用いられる。 (さらに…)…

  2. モラルのない男が更生した名映画『時計じかけのオレンジ』あらすじネタバレ【後編】

    暴力や強姦という極めて非人道的な文化が蔓延していた時代の話である。スタンリー・キューブリックは、…

  3. スタンリーの名映画『時計じかけのオレンジ』のオレンジってどんな意味?

    『時計じかけのオレンジ』は、とてつもなく過激な描写で描かれるイギリスの映画。ヒューゴー賞やア…

  4. ナッドサット言葉はソビエトの社会主義を風刺していた?『時計じかけのオレンジ』の雑学

    『時計じかけのオレンジ』では「Cal(カル)=Shit(クソ)」や「Krovvy(クルービー)=Bl…

  5. 『時計じかけのオレンジ』の主演マルコム・マクダウェルってどんな人?

    過激な映画として知られる『時計じかけのオレンジ』に登場するスーパー変態主人公を演じるマルコム・マクダ…

  6. 社会を風刺した名映画『時計じかけのオレンジ』あらすじネタバレ【前編】

時計じかけのオレンジに関する記事一覧
PAGE TOP