時計じかけのオレンジ

スタンリーの名映画『時計じかけのオレンジ』のオレンジってどんな意味?

時計じかけのオレンジ』は、とてつもなく過激な描写で描かれるイギリスの映画。

ヒューゴー賞やアカデミー賞など数々の受賞をはたしている。

このタイトルは何を表しているのか気になりませんか?

この「オレンジ」の少し解明します。

 

 

気になる時計じかけの『オレンジ』の意味とは?

 

何も知らない方は「みかん」を思い浮かべるでしょう。

 

 

 

しかしみかんでは全く意味がわかりません。

そこで、調べてみると、このようなことがわかりました。

 

 

 

①オレンジとはイギリス、ロンドンの下町言葉で「何考えてるかわからん変人

②スタンリー・キューブリックがかつて住んでいたマレーシアでは「人間」をマレーシア語で「オラン(ORAN)」

 

 

この2つが有力。

割とどこのサイト見ても書いてあること。

 

スタンリー・キューブリックの生きてきた言葉の中で、最も当時の若者を表す言葉だったに違いない。

 

 

時計じかけの〜〜〜ほにゃらら

 

オレンジの意味がだいたいわかったところで、今度は「時計じかけ

時計じかけは、「時間をあらかじめ決められている」といったような意味がある。

 

 

「時計じかけの」で有名どころは

名探偵コナンの映画『時計じかけの摩天楼』が有名。

ビルに仕掛けられた爆弾の青の導線を毛利蘭が切って、爆弾を解除する。

 

なぜ青の導線を切ったのかを聞くシーンで終わる。

爆弾の時計が「時計じかけ」となるのは間違いない。

 

他には、ジャニーズの嵐の曲「時計じかけのアンブレラ」がある。

ドラマ『マイガール』の主題歌「マイガール」のカップリング曲で、

失恋をきっかに回り出した歯車を「時計じかけ」と読んでいると思われる。

 

 

この件については、ブログ「独断解説の嵐」が詳しく考察している。

 

 

 

人は簡単に腐っていく。オレンジ疑惑で奈落に落ちたジェレミア

 

筆者の好きなアニメに『コードギアス』というアニメがあるが、

ブリタニア帝国の軍事リーダーだったジェレミアは、反乱分子ゼロに「オレンジ疑惑」を着せられる。

 

「オレンジ君・・・」

 

ゼロがジェレミアに問いかけるのだが、ジェレミアは身に覚えがない。

ジェレミアは「オレンジ疑惑」という中身のない言葉によって「裏切っている」と思われ、役職を解かれる。

(厳密には疑惑よりはゼロに操られた行動が原因)

 

 

「オレンジ」というのは甘みが凝縮しているが、保存方法を間違えれば一瞬で腐ってしまう。

 

時計じかけのオレンジ」は腐っていく人間という皮肉が込められているのかもしれない。

 

関連記事

  1. 社会を風刺した名映画『時計じかけのオレンジ』あらすじネタバレ【前…
  2. ナッドサット言葉はソビエトの社会主義を風刺していた?『時計じかけ…
  3. モラルのない男が更生した名映画『時計じかけのオレンジ』あらすじネ…
  4. ルドビコ治療を受けるアレックスの表情がかなり面白い話『時計じかけ…
  5. 『時計じかけのオレンジ』の主演マルコム・マクダウェルってどんな人…







ピックアップ記事

PAGE TOP