ベイカー街の亡霊

ロンドンの街を恐怖に陥れたJackTheRipper(ジャックザリッパー)の正体とは?

「切り裂きジャック」

今やこの名前を聞いて知らないものはいないだろう。

映画でも取り上げられる通称「ジャック・ザ・リッパー(Jack the Ripper)」

 

 

連続殺人鬼

 

1880年、ロンドンを恐怖のドン底におとしいれた連続殺人鬼

ロンドンのイーストエンド(東地区)またはホワイトチャペル地区で5人の売春婦を殺害。

いずれも狂気はナイフで切り裂き、子宮や膀胱、腎臓などを持ち帰った件もあった。

 

出典:Wikipedia

 

格差の大きいロンドン

1830年、フランス革命が勃発するなど、ヨーロッパ全土は不安定な中にいた。

革命で居場所を失った人々がイギリスに移民としてやってくるという構図が大きかった。

 

大英帝国と呼ばれ、華々しい国のように見えるイギリスだったが、

実際には、

ウェストエンド」と呼ばれる高級住宅街

イーストエンド」と呼ばれる貧困街

と、貧富の格差は激しいものになっていた。

 

切り裂きジャックは、イーストエンドに住んでいたのだろうか定かではない。

 

ロンドンの街並みは、

不思議な霧に包まれていた。

 

だがこの霧は、温度が上昇したテムズ川の水蒸気

家庭で燃やしたコークスなどの燃料の煙(スモーク)が

合体してできた「スモッグ」のことだ。

 

1952年12月、

ロンドンで発生したスモッグが5日間続き

4000名以上の死者がでた。

(参考文献)松村伸一著「19世紀末文化の環境としてのロンドンと女性たち

 

切り裂きジャックのメディア

 

「切り裂きジャック」を題材にしたメディアは少なくない。

100年以上も犯人がわからずに、闇に葬られようとしている。

 

映画『ジャック・ザ・リッパー』や

映画『名探偵コナン ベイカー街(ストリート)の亡霊(ぼうれい)

などがある。

 

現在も切り裂きジャックの正体は研究しているらしいが

果たして、いつまで続くのだろうか。

 

 

 

 

関連記事

  1. 名探偵コナン映画『ゼロの執行人』や『紺青の拳』をフル動画で無料視…
  2. 名探偵コナン映画『ゼロの執行人』をすぐに観たいなら【TSUTAY…
  3. 名探偵コナンの映画を無料視聴したい!全作品観れるVOD(配信サー…
  4. 『11人目のストライカー』爆弾犯からの暗号トリックを解説!ネタバ…
  5. 怪盗キッドが100億円を要求した本当の理由は!?『業火の向日葵』…
  6. 【ネタバレ注意】名探偵コナン『天国へのカウントダウン』もっとも死…
  7. 黒づくめの組織No2ラムは男だった!?『名探偵コナン 純黒の悪夢…
  8. ゴッホの向日葵(ひまわり)と心中しようとした宮台なつみの動機が微…







ピックアップ記事

PAGE TOP