名探偵コナン

黒づくめの組織No2ラムは男だった!?『名探偵コナン 純黒の悪夢(じゅんこくのナイトメア)』からお酒の由来まで徹底解析

名探偵コナン映画『純黒の悪夢(ナイトメア)』には、黒づくめの組織との壮絶バトルだ。

死の危険を犯しながら、組織を裏切った黒の組織のメンバー。

黒づくめ組織の登場人物のお酒にまつわる、ちょっとした雑学を紹介しよう。

 

『純黒の悪夢(じゅんこくのナイトメア)』黒の組織メンバーを徹底解析!お酒の由来

純黒の悪夢(ナイトメア)』ではコナンたちが、黒の組織と壮絶なバトルを繰り広げる。

コナン史上過去最大の黒づくめの組織メンバーが何やら企んでいる。

彼らのそれぞれの意味も気になるところだろう。

 

調べていくうちに、黒の組織はあるカテゴリーに分けられることが判明した。

それぞれの由来やメンバーとの関係性を見ていこう。

 

<蒸留酒編>

ジン

コナンに毒薬を飲ませた男。

ジンはイタリアで生まれた蒸留酒。

日本ではスピリッツに属する。

ジントニック、ジンバック、ジンライムなどカクテルにすると人気で、すっきりとしている。

 

ウォッカ

ロシア、ポーランド、スウェーデンで作られた蒸留酒

こちらもスピリッツ。

ジンよりも癖があり、ライ麦などの香りが強い。

モスコミュールソルティドッグなど味の強いカクテルが有名。

ラム

西インドが原酒の蒸留酒

コロンブスが持ち帰ったとされている。

サトウキビベースおサトウキビベースでスピリッツに属する。

ラムコーク、ラムチューハイなど、甘めのカクテルに使われる。

他にもラムレーズンや、お菓子作りのラム酒など甘いタイプだ。

 

『純黒の悪夢』でも、顔は見せずに登場するも男のような声で、女のような喋り方だった。

変幻自在という意味だろうか。

 

コルン

キャンティとよく共に行動する男のスナイパー。

ドイツの蒸留酒で小麦、ライ麦から作られる。

こちらもスピリッツ

ドッペルコルンというアルコール度数38度以上の強い酒。

 

アクアビット

『純黒の悪夢(ナイトメア)』では、ノックリストに乗っていた裏切り者のメンバー。

デンマーク、ノルウェー、ドイツで作られる蒸留酒

蒸留酒なのだが、黒の組織を裏切っているとして殺された。

日本ではあまり有名ではないが、

アクアビットを使ったカクテルにコペンハーゲンバイキングがある。

 

<ワイン編>

ベルモット

黒の組織の中核を担う存在で、コナンとは度々遭遇している。

フランス、イタリアで作られた白ワインにリキュールを入れたお酒。

甘いタイプの「スイート・ベルモット」と辛いタイプの「ドライ・ベルモット」がある。

スイート・ベルモットは、カクテルのマンハッタン

ドライ・ベルモットは、カクテルのマティーニに使われる。

キャンティ

こちらもワイン。イタリアで作られたお酒。

狙撃手のコルンと一緒に行動をすることが多い。

だがキャンティは赤ワイン

よく血に染めるのが好きだからか。

 

リースリング

ドイツとフランスで作られた白ワイン

ドイツでは非常に有名で、生産面積が1位。

甘口で作られることが多かったが、近年辛口の需要が大きくなっている。

 

『純黒の悪夢(ナイトメア)』では、ノックリストのメンバーで殺される。

ちなみに女性。

 

シェリー

最後に灰原愛。元の名は有名でシェリー

スペインで作れる白ワインで、世界三大酒精強化ワインの一つ。

甘口、超甘口、辛口、ヴィンテージの4種類があり、かなり希少価値がある。

 

黒の組織が関与していることを知った灰原。

今作はいつになく同様し、少年探偵団に「絶対だめ!!」と止めに入る。

 

⇨【名探偵コナン映画『純黒の悪夢(ナイトメア)』のあらすじネタバレ

 

<ウイスキー編>

バーボン

アメリカで作られたウイスキー

アメリカ独立戦争の際、フランスが味方をしてくれた感謝の意味を込めて

フランスのブルボン朝からとった言葉。

日本でもウイスキーに分類される。

 

毛利小五郎探偵事務所の1階に経営する、

カフェ「ポアロ」の店員、安室透(あむろとおる)のこと。

実は公安警察のゼロというエリート組織の一員で、黒の組織に潜入している。

ライ

アメリカで作られるウイスキー

こちらもアメリカ独立戦争後にアメリカに伝わったもの。

今作には登場しないが、コナンの実家の隣に引っ越ししてきた沖屋昴(おきやすばる)のこと。

実はFBIの捜査官で、赤井秀一が姿を変えて、様子を見ているのだとか。

 

<カクテル編>

キュラソー

リキュールに分類され、中性スピリッツやブランデーにオレンジを果皮と糖分を加えたもの。

カクテルに属するお酒で、色は鮮やかな「青」

今回の青い目と関係がある。

お酒には、バラライカX・Y・ Zブルーハワイなどがある。

 

今作で記憶を失った女であり、『純黒の悪夢(ナイトメア )』のキーパーソン

声優は女優の天海祐希が担当している。

 

キール

白ワインにリキュールを加えたお酒でカクテルに属する。

フランスで作れらたお酒で、日本ではレストランで作られるようになった。

 

今作でも登場する水無玲奈(みずなしれな)がキールのこと。

キールは、ノックリストの入っていることを疑われ、ジンに殺されそうになった。

こちらもFBIの捜査官で黒の組織に潜入している。

 

アガサ

阿笠博士のこと。

実は黒の組織のボスではないかと一時期噂されていた。

だがカクテルの一種であり、そうでもないようだ。

 

⇨【名探偵コナン映画『純黒の悪夢(ナイトメア)』のあらすじネタバレ

 

<ビールなどその他編>

スタウト

アイルランドやイギリスで作られたビールのこと。

本作では、ノックリストに記載されているメンバーの一人で、コルンに狙撃される。

ちなみに男。

 

イーサン

『純黒の悪夢(ナイトメア)』では全く関係ない人物。

水無玲奈(みずなしれな)の父である。

主にはスパークリングワインとして使われる。

レストランで親しまれるということで、キール(水無玲奈)と親子の関係であるのもうなずける。

 

【まとめ】黒の組織No2,ラムの性別は男?酒の種類で仲間か?裏切り者か?

調査するとあることがわかってきた。

黒の組織の根っからの悪党は、蒸留酒か白ワインに属する。

そして蒸留酒が「男」白ワインは「女」だ。

 

白ワインのシェリーが組織から追われたり、

ノックリストのメンバーであるアクアビットなど

裏切り者の末路は同じようだ。

 

しかし、バーボンライ

アメリカ産のお酒であることからFBIとの繋がりも深いと推察する。

反対に、カクテルビールスパークリングワインというのは、

黒の組織とはあまり関係がない様にも見える。

 

純黒の悪夢(ナイトメア)』で登場した

ラムも蒸留酒の一つであることから、男である可能性が高いと言えるのではないだろうか。

 

いろんな色や味に変化する黒の組織。

そんな美酒を味わえる作品ではないだろうか。

⇨【名探偵コナン映画『純黒の悪夢(ナイトメア)』のあらすじネタバレ

 

関連記事

  1. 【ネタバレ注意】名探偵コナン『天国へのカウントダウン』もっとも死…
  2. ゴッホの向日葵(ひまわり)と心中しようとした宮台なつみの動機が微…
  3. 映画最新作『名探偵コナン 緋色の弾丸』の放映前に観たいのは!?無…
  4. 名探偵コナン映画『ゼロの執行人』や『紺青の拳』をフル動画で無料視…
  5. アニメ名探偵コナン映画『迷宮への十字路』Time After T…
  6. ロンドンの街を恐怖に陥れたJackTheRipper(ジャックザ…
  7. アニメ名探偵コナン映画『迷宮への十字路(クロスロード)』通り名の…
  8. 【動画配信サービスおすすめ談】名探偵コナンを動画で観るなら!?映…







ピックアップ記事

PAGE TOP