名作

ギャング映画『アンタッチャブル』がおもしろい!見どころやオススメの動画配信サービスは!?

1920年〜1932年にかけてアメリカで発せられた法律「禁酒法」

生きている限り人は酒を好むことを、真っ向から否定したのがこの法律だった。

その禁酒法を題材に、財務官エリオットネス(ケビン・コスナー)は、アメリカのマフィアボスであるアルカポネの不正を暴く!

最高のギャング映画がここにあった。

『アンタッチャブル』ってどんな映画!?

1920年ごろ、アメリカで禁酒法が発令。

お酒の製造、販売、輸送が全面的に禁止となった。

 

お酒は人にとって最高の娯楽。

人類がお酒を飲まなかった日はないほど、お酒は愛される存在。

そんな禁酒法が発令されたにも、国民たちは秘密裏に酒を売買しようとしていました。

 

アメリカの大ギャング、アルカポネは闇の世界の支配人。

しかし巧妙な手口から、一切の悪事の証拠も掴めないまま。

禁酒法にも関わらず密輸をおこなっていた

 

アルカポネが酒の売買をしている噂を掴んでいた警察は

財務官のエリオット・ネスケビンコスナー)を招き、

エリオットネスは、禁酒法の密輸売買をしている会社を次々と荒げていく。

 

しかし、戦いは過酷なものだった。

売買の邪魔をされるアルカポネは、エリオット・ネスに怒りをいだき仲間を殺していく。

完璧な証拠をあげるため、エリオットと3人の魅力的な仲間たちは奮闘するも、アルカポネのてぐを掴めずにいた。

 

エリオットネスは、アルカポネの売買が記録された帳簿をもつ、帳簿係を探すべく、死と隣り合わせの調査を進めるのであった。

 

『アンタッチャブル』の見どころ

アンタッチャブルの見どころは、実に仲間が見どころだ。

3人の仲間はまるで三銃士だ。

 

警備巡査ジム・マローン

この映画のキーパーソンとなる。

50代そこそこの警備巡査。

初めてエリオットに会った時、マローン(ショーン・コネリー)は警備をしていた。

禁酒法の現場をあげるのに失敗し、落ち込んでいたエリオットに出くわしたマローンは、エリオットに「警官の仕事は手柄を立てる事ではなく、無事に家に帰る事だ」と教えるシーンがある。

 

この一連の会話で、マローンが只者ではないと感じたエリオットは、

マローンに直々にアルカポネの尻尾を掴む手伝いをして欲しいと、家に訪れる。

正義に暑いマローンは、エリオットの父的な位置で、エリオットやストーンたちを導いていく。

 

カナダとの国境付近で、アルカポネの取引現場とみられる仲間をとっ捕まえたマローンだったが、

口封じのために、アルカポネが暗殺者を派遣して、仲間を殺す。

この一件で目をつけられたマローンは、自宅で殺し屋に銃で撃たれるシーンがある。

 

この時のシーンは、まさに鬼のような演技。

マローン役のショーン・コネリーは、この映画の演技でし助演男優賞を記録している。

 

腕利きの警察官ジョージ・ストーン

マローンが仲間になった時、2人では達成できないとし、腕利きの狙撃手を求めて警察の訓練場所にいく。

そのシーンのマローンがかなり面白いだが、腕利きの狙撃手として仲間に加わるのがジョージ・ストーン(アンディ・ガルシア)だ。

この時のアンディ・ガルシアは本当にかっこいい

若すぎて目を疑うほどだった。

 

ストーンは、その腕前でエリオットたちを何度も救う。

極めつけは2度目の帳簿係を張るシーン。

駅のホームで帳簿係を待ち伏せするも、帳簿係を守るアルカポネの仲間と銃乱射になる。

この時、駅にいた1歳程度の赤ちゃんを乗せたベビーカーが階段を転げ落ちるのだが・・・

ストーンの見事な狙撃で、まさに間一髪のチャンスを得た。

 

簿記係のオスカー・ウォレス

エリオットが就任後、財務省からまたもや一人の簿記係が派遣されてきた。

いかにも体力のなさそうな男ウォレス(チャールズ・マーティン・スミス)は、簿記を見ることに長けている。

アルカポネの証拠をあげるために、数々の取引された書類を探っていた。

 

彼は何度もエリオットに「これを見つければアルカポネを挙げれるかも!」と提案し、場を和ませた。

なぜ提案するだけで場を和ませるのかは、ウォレスの性格による。

 

しかし不運が発生。

カナダとの国境付近で、アルカポネの仲間を掴めたエリオットたちだったが、仲間を警察署で移動させる中、エレベータの中に、ウォレスとアルカポネの仲間が一緒に乗った。

エレベーターに乗るのに夢中になっていたウォレスは、もう一人の乗車してくる男に気づかなかった。

気づいた時には、もう一人の男にウォレスと、カポネの仲間が消されていた。

ウォレスは最後の力を振り絞って、血でダイイングメッセージではなく、ライフメッセージを残した。

その文字とは、

UNTOUCHABLE(アンタッチャブル)」=「触れてはいけない」

彼が残した痛烈なメッセージは、現代社会へのメッセージでもあったのか・・・。

 

我が使命を全うする主人公エリオットに共感せざるを得ない

作中では、エリオットネス(ケビンコスナー)の暑い闘争に、ハラハラドキドキが隠せない。

また、妻と子ども一人の家族をもつエリオットは、家族を愛する姿が描かれる。

妻が非常に献身的に描かれてもいるが、連邦捜査官の仕事に対して、理解を示しているようだ。

エリオットネスは、アルカポネの取引を邪魔してから、家族を殺されまいと逃していた。

 

また何度も失敗して、警察内部から批判を受けるエリオットだったが、その度に何度も執念で立ち上がり、最後には奇跡を手にする。

試合が終わるまで戦い続けないとな。試合が終わるまで戦い続けないとな、と言ったんだ

カポネ、聞こえただろう?これで終わりだ。レッスンは以上だ

彼が最後まで戦い続ける姿に、共感せざるを得ないだろう。

 

アンタッチャブルを観るならAmazonPrime会員がお得

最後に簡単に紹介しておくが、アンタッチャブルを見るならアマゾンプライム会員がおすすめだ。

年間3900円と非常に安価。

そしてAmazonPrime会員なら、AmazonPrimeビデオで『アンタッチャブル』が199円で視聴可能だ。

観たいなら今。

 

関連記事

  1. ナッドサット言葉はソビエトの社会主義を風刺していた?『時計じかけ…
  2. インド映画の名作『きっとうまくいく(3 idiot)』は最高に前…
  3. 史上最恐のサイコにはまれ!ブラッドピット『ファイト・クラブ』見ど…
  4. 『レオン-完全版-』は大傑作映画 !!孤独な殺し屋レオンの元へ舞…
  5. 映画「ゴッドファーザー」愛のテーマは鳴り止まない!?【史上最高マ…
  6. ルドビコ治療を受けるアレックスの表情がかなり面白い話『時計じかけ…
  7. アナキンとパドメの結婚は出会った時に決まっていた?気になる年齢差…
  8. 映画『スターウォーズ エピソード3〜シスの復讐』シディアス卿の姿…







ピックアップ記事

PAGE TOP