スターウォーズ

映画『スターウォーズ エピソード7〜フォースの覚醒〜』レイとカイロレンの出会いあらすじネタバレ

レイ、フィンが出会った直後、ファルコン号で逃げるも帝国軍に捕まってしまう!?

捕まった先で待っていたのは、なんと英雄のハン・ソロとチューバッカだった。

ハン・ソロはかつての母艦ファルコン号を懐かしんだ。

彼は、宇宙船でものすごい生物ラスターを所有している艦隊にいた。

ハン・ソロはルークの地図を持っていることを知り、レイたちと一緒に行動することになる。

新たな暗黒卿スノーク最高司令官

ハン・ソロがいた艦隊にはラスターという触手生物がいた。

ひょんなことから、ラスターを解放してしまったらしく、

レイ、フィン、ハン・ソロは追われてしまうが、なんとかファルコン号で脱出するのであった。

もちろんハン・ソロとチューバッカも同乗した。

 

一方帝国軍では、ある巨人の男がいた

ホログラムのようなうっすらとした姿。

巨人の男の前に膝をついたのは、ファーストオーダーことカイロ・レン

巨人「覚醒が始まった。お前の父親と一緒だ。ハン・ソロ

どうやらカイロ・レンの父はハン・ソロらしい。

不気味な巨人の男こそ、新たなシス卿なのか・・・!?

 

ファルコン号でのこと。

BB-8に仕込まれたルークの居場所とも言える映像を見ていた。

しかし、その映像は欠けていた

欠けている部分を探さないと、ルークの居場所はわからなかった。

ハン・ソロはルークについて語った。

 

ルークは、新たなジェダイを育てたが、ある少年の裏切りですべてがダメになった。

そしてその責任を感じて姿を消した。ジェダイ寺院を探しにいったのかもしれない。

 

BB-8を共和国のレイア将軍の元へ届けるには、マズ・カナタに頼むしかないというハン・ソロの提案に、レイたちはマズ・カナタのいる場所へと向かった。

 

レイ、ライトセイバーへ導かれる

マズ・カナタに会ったレイ、フィン、ハンソロたち。

ところが、フィンは「俺は逃げる」といって逃げようとした。

レイは止めてもフィンは旅立ってしまった。

 

レイはマズ・カナタと会った後、地下から叫び声が聞こえた。

叫び声に導かれるようにして向かった先は、

倉庫の中の宝箱。

 

レイはとりつかれる様に宝箱を開けると

そこにはライトセイバーが格納されていた

ライトセイバーを手に取った瞬間、レイは走馬灯のように何かの風景を見た。

カイロ・レンが何者かを殺したこと。

レイアがエピソード6でスパイに化けた時の格好の姿をした人物を。

 

レイがライトセイバーに引き込まれている間、

これまた帝国軍があとをつけていた。

帝国軍、そしてファーストオーダーの脅威が、今降り注ごうとしていた。

 

星の消滅とフィンの勇姿

帝国軍は、エピソード6から新たに最強の兵器を搭載していた。

新デススターならぬ、新新デススター!?

どういう原理か、太陽からエネルギーを装填する。

太陽からエネルギーを吸収仕切るのに、数十分かかるようだ。

 

だが、帝国軍が太陽のエネルギーで放ったビームは、

共和国軍が住む星を何個も同時に消し去ってしまった。

マズ・カナタの星から、その消滅を目にすることとなった。

 

そして、マズ・カナタの星にも帝国軍がせめてきた。

レイはライトセイバーを置いたまま、BB-8と逃げた。

マズ・カナタからまだ出発していなかったのはフィンだった。

 

フィンはライトセイバーの存在に気づき、ライトセイバーを手に取って帝国軍に応戦。

しかし、ライトセイバーと互角に戦える武器を帝国軍のドロイドたちは持っていた。

初めはフィンが押していたが、帝国軍隊の多さに、ハン・ソロもフィンも捕まってしまう

 

万事休すか・・・・

と思った時、小型戦闘機が帝国軍を攻撃!!!

ものすごい勢いで帝国軍の戦闘機を次々に爆破していく、謎の戦闘機。

なんとポー・ダメロンが生きていたのだ!

 

カイロ・レンに捕まるレイ

レンはBB-8と森の中に逃げ込んでいた。

フォースを感じ取ったカイロ・レンが、レイの前に立ちはだかった

 

レイにはまだ力がない。

カイロ・レンはフォースの力でレイを気絶させ、帝国軍艦隊へと連れ去った。

この時、ハン・ソロはカイロ・レンを見つめていた。

 

ポーたちの加勢でなんとか危機を乗り越えたフィンたち。

ポーたちが引き連れてきたのは共和国軍のレイアたちだった。

レイアとハン・ソロが再開する。

 

ハン・ソロ「向き合うべきだった

レイア「スノークのせいよ。まだ取り戻せる。彼はジェダイ、あなたは父親よ。あなたの子。

ハン・ソロは、カイロ・レンに向き合わなかったことが、彼をダークサイドへ導いたと考えているようだった。

 

連れ去られたレイは、レンの部屋で拘束されていた。

レンは仮面を外す。

長髪のイケメンが出てきた。

レンはフォースの力を使い、レイに聞き出していく。

しかしレイはレンの力を跳ね返した。

レイ「あなたこそ恐れている。ダース・ベイダーほど強くはなれない、と。

 

レイは、なぜかレンの力に対抗できた。

レンは最高指導者の元へ報告。

最高指導者「その女を連れてこい。

ところが、レンがいない間、レイはとんでもない力を発揮する。

 

何かにとりつかれたように、見張りのドロイドに命じる。

レイ「拘束を外し、ドアを開けなさい

2回ぐらいドロイドが「何を言っている」と断ったあと、

3回目で「拘束を外し、ドアを開けなさい」に応じ、

ドロイドは言うことを聞いて、レイを解放し、ドアを開けてしまった

 

弱き心をフォースは支配すると、かつてヨーダが語ったことがあったが、

レイはこの力を利用したのだった。

レイは、拘束から解放されて、逃げ出した!

 

関連記事

  1. 【ネタバレ】映画『スターウォーズ エピソード2〜クローンの攻撃』…
  2. アナキンとパドメの結婚は出会った時に決まっていた?気になる年齢差…
  3. 映画『スターウォーズ エピソード5〜帝国の逆襲』(その2)悲しみ…
  4. 映画『スターウォーズ エピソード7〜フォースの覚醒〜』新たなジェ…
  5. 映画『スターウォーズ エピソード8〜最後のジェダイ〜』ルークが最…
  6. 【ネタバレ注意】『スターウォーズ-スカイウォーカーの夜明け』で全…
  7. 映画『スターウォーズ エピソード8〜最後のジェダイ』の評価が賛否…
  8. 映画『スターウォーズ エピソード6〜ジェダイの帰還〜』ダース・ベ…







ピックアップ記事

PAGE TOP