スターウォーズ

映画『スターウォーズ エピソード7〜フォースの覚醒〜』ルークへの道しるべ!あらすじネタバレ

カイロ・レンに捕まったレイは、自らフォースの力で脱出した。

一方、共和国軍は、帝国軍の最強兵器を破壊するため、最強兵器の制御装置を破壊しに向かう。

侵入したのはハン・ソロとフィン、チューバッカだ。

彼らはスイッチで爆破する爆弾で、制御装置を破壊しようとしていた。

帝国軍最強兵器を破壊せよ!

帝国軍は、反乱軍に最後の攻撃を仕掛けようとしていた。

反乱軍最後の日」と題して、太陽エネルギーを吸収し始めた。

 

なんとかして止めなければならない反乱軍は、

太陽エネルギーを吸収する「サーマル・オシレーター」と言う箇所を破壊すれば、

太陽エネルギーの吸収が止まり、最強兵器の攻撃を防げることがわかっていた。

 

ハン・ソロ、フィン、チューバッカは、

爆弾を抱えて、新新デススター(エピソード6を新デススターと呼んでいたため)へと向かった。

爆弾を取り付けていたハン・ソロたち。

チューバッカとフィンと共に爆弾をつけていた。

 

爆弾を取り付けていたのはフィンたちの前に現れたのは

レイを追いかけるカイロ・レンの姿だった。

 

ハン・ソロとカイロ・レンの宿命

ハン・ソロは宿命を感じ取っていた。

カイロ・レンの後ろを追い、

ハン・ソロ「ベン!」と呼んだ。

カイロ・レンは振り向く。

カイロ・レンの元の名前はベン。ベン・ソロなのだろう

なぜカイロ・レンと言う名前なのかは置いておいて・・・。

 

ハン・ソロ「マスクを外せ

カイロ・レン(ベン)「マスクを外してどうなる

ハン・ソロ「息子の顔が見える

カイロ・レンはマスクを外して、父に顔を見せるのであった。

 

ハン・ソロ「父親に似て愚かだった。。。スノークがそう信じ込ませたか。息子は生きてる。

奴の目当てはお前の力。用が済めば、殺される。遅くない。

帰ろう。母さんも待ってる。

 

ハン・ソロは、カイロ・レンに戻ってきて欲しい。

今まで向き合わなかった気持ちを振り絞り、ベンに語りかけるのだった。

 

カイロ・レン「ずっと苦しかった。この苦しみから逃げたかった。でもそうする勇気がない。。。

助けてくれる?

カイロ・レンはハン・ソロの言葉に揺らいでいた・・・?

ハン・ソロ「ああ、なんでもする。

 

カイロ・レンは、ライトセイバーをハン・ソロに渡そうとし・・・・・

たが、ハン・ソロを刺した!!!!

ハン・ソロを殺したのだった。

カイロ・レン「ありがとう。

ハン・ソロはベンの顔を撫で、地下に落ちていった。

 

最強兵器の破壊!帰ってきたポー

ハン・ソロの死を目の当たりにしたチューバッカは、

悲しみ爆弾を爆破させた。

レイはフィンと遭遇し、一緒に逃げた。

 

しかし待ち構えていたのはカイロ・レン。

フィンはマズ・カナタの星で拾っていたライトセイバーを手に取り、カイロ・レンに立ち向かった。

森の中である。

 

フィンは激しく振り回すも、修行をしているレンに勝てるわけがなかった。

カイロ・レンの刃(やいば)がフィンの背中を切り裂いた。

フィンは倒れ、万事休すかと思ったその時、

レイがフォースの力でライトセイバーを手にしたのだ

 

ライトセイバーを初めて握るレイ。

カイロ・レンとの一騎打ちなど勝てるはずもなかったが・・・。

 

一方で帝国軍は、オシレーターを破壊しに向かっていた。

オシレーターを破壊するには、小型機で乗り込む必要がある。

ここはやはり、ポー・ダメロンだろう!

ポーは、帝国軍の攻撃をかいくぐり、見事、オシレーターの破壊に成功する。

 

さあ、レイとカイロ・レンの戦いである。

レイとレンの激しい衝突が繰り広げられる。

このシーンは圧巻

かなり面白いアクションだ。

ぜひ観る価値がある。

 

カイロ・レンはレイを追い詰める。

そしてダークサイドへと導くのだった。

しかし、レイはフォースの力を感じた。。。

なぜかレイの力が増す。

レンが太刀打ちできないほどの強さをみせ、

ついにレンの顔にセイバーの傷をつけたのだ

 

すると地上が割れ、レイとカイロ・レンは互いに届かぬ場所へと、地面が割れてしまった。

反乱軍は新新デススターの破壊に成功直前、チューバッカがファルコン号でフィンを助ける。

そして、新新デススターは破壊され、宇宙の藻屑と消えたのだった。

 

この辺りも映像がかなりキレイで、映像技術も優れている。

 

目を覚ましたR2D2と完成した地図

戻ってきたレイはレイアに抱きしめられる。

そして、レイが戻ってきたあたりで、共和国軍のR2D2が目を覚ましたのだ。

R2D2はルークが去ってから、スリープモードに入ったのかずっと動いていなかった。

 

R2D2とBB-8が互いに地図を見せ、

2つの映像を重ね合わせると、そこにはルーク・スカイウォーカーの居場所が記されていた。

なぜルークは、こんな手間なことをしたのだろうか。

 

この後、レイは一人でルークの居場所へと向かう。

ある孤島に到着する。地球のような星だ。

そこは神秘的な山のような島で、遺跡とも言えた。

 

島のてっぺんまで階段で登った先にいたのは、

マントを被った一人の人間だった。

マントから顔を見せたのは、髭ボラで年老いたルーク・スカイウォーカーだった。

 

関連記事

  1. クワイ=ガンは死んでなかった!?永遠の存在となった師匠の存在
  2. 映画『スターウォーズ エピソード4〜新たなる希望』ルーク、ジェダ…
  3. 家族やこどもと『ディズニー映画』が全作品観れる「ディズニーデラッ…
  4. スターウォーズスピンオフ映画『ハン・ソロ』あらすじネタバレと評価…
  5. 映画『スターウォーズ エピソード8〜最後のジェダイ〜』あらすじネ…
  6. 【ネタバレ】映画『スターウォーズ エピソード2〜クローンの攻撃』…
  7. 映画『スターウォーズ エピソード4〜新たなる希望』デススターの破…
  8. 映画『スターウォーズ エピソード6〜ジェダイの帰還〜』VS皇帝&…







ピックアップ記事

PAGE TOP