スターウォーズ

【ネタバレ注意】『スターウォーズ-スカイウォーカーの夜明け』で全物語が完結する。感想とまとめ

【ネタバレ注意】スターウォーズ第9作目、『スカイウォーカーの夜明け』は、これまでの第7作、第8作はもちろん、第1〜3作、第4〜6作を繋げた良作だった。第8作「最後のジェダイ」でカイロレンと戦い、暗黒面への誘いを受けたレイは、突きつけられた新たな真実を受け止め、未来を開くことができるのか!?

帝国軍の逆襲、生きていた皇帝

第8作でレイと戦いを終えたカイロ・レンは、今まで自分を支配してきた帝国軍の最高指揮官スノークを操る大元を倒そうと行動していた。彼が向かったのは、帝国軍の潜む場所。死んだはずのシス卿が、帝国軍の秘密の場所で誰にも気づかれずに艦隊を作っていた。

第6作でルーク・スカイウォーカーとダース・ベイダーの手によって死んだはずのシス卿(パルパティーン議員)。彼を支えた民族が、秘密裏にクローン技術を用いて、シス卿を復活させていたのだ。

そして、スノークを裏で操っていたのは、実はシス卿だと知ったカイロ・レン。。。シス卿を倒しに来たはずだったが・・・。

蘇る記憶と突きつけられたレイの両親

その頃、レイはフォースの修行をしていた。だが、カイロ・レンが再びレイたちを襲う。カイロ・レンは、シス卿に命じられてレイを殺しに来たのだった。レイの行く場所にはカイロ・レンがやってくる。レイは彼から逃げることができなかった。

そして、レイは思いも寄らぬ衝撃の事実を知る。

彼女は、時たま過去の記憶がフラッシュバックしていた。逃げる戦艦。叫ぶ大人の男女。叫ぶ小さな女の子。そう、それはレイ自身が小さい時の記憶。フォースの力が強いレイの思考は、カイロ・レンにも通じていた。(この2人の思考や空間が通ずるのは第7作で新たな発動した、フォースの覚醒によるもの)

カイロ・レンは、彼女の過去を知っていた。

カイロ・レンはシス卿の影響で、レイを暗黒面(ダークサイド)へ引き込もうとする。そこで彼はこう語る。『君は、パルパティーンの孫だ。君の両親は、シス卿から守るため、平凡な生活を選び、君を守った』

そんな、まさか、レイがシス卿の孫だったなんて。第8作で語られた「名もなき人」という親像は間違っていた。自身がシス卿の孫だと知った彼女は、自分に流れる悪の血に恐れをなしてゆく。そこに漬け込もうとするカイロ・レンだったが、レイとの戦いで新たな自分を見いだす事となる。。

最終決戦!レイ(同盟軍)VS シス卿(帝国軍)

シス卿は、レイを殺すように仕向けた。すべては、ダークサイドが世界を支配するため。レイは自分の正体と過去の事実に混乱し、ダークサイドへと引き込まれようとしていた。カイロ・レンは彼女を度々、ダークサイドへ誘おうとする。

レイと同盟軍は、シス卿の潜む秘境の宇宙空間へ。待つシス卿。レイは帝国軍に勝ち世界に平和を取り戻すため、弱い自分に打ち勝つため、すべて乗り越えるため最後の戦いへと挑んでゆく。

数十人で小型戦艦に乗って応戦する同盟軍。対する帝国軍は、1回のレーザーで星を1つ丸ごと破壊できる戦艦が山ほど。戦力は明らかだった。だが同盟軍には帝国軍にはない力を持っていた。それは「絆」だ。第1作〜第8作まで、同盟軍をジェダイたちを、人たちを守ってきた英雄たちの力、悪に打ち勝つ勇気の力を持っていた。

かつて、ルーク・スカイウォーカーがダース・ベイダーの導きに屈しなかったのは、悪に打ち勝つ勇気と仲間の絆があったから。本作では、そんな彼ら、彼女らの最後の勇姿を目の当たりにできるのではないだろうか。

最後に

第9作目『スカイウォーカーの夜明け』は良作だった思う。第8作目ではいろんな方向性がまとまらず最後はどうなるのか不安だったが、最後に今までの作品全てを回収して終わった。

本編の長さは2時間半だが、実際、3時間ぐらいにしたかったのではないだろうか。なぜなら最後の戦いが意外とあっさり終わった感じが否めなかったからだ。もっとどん底感を引っ張って欲しかった感じもある。そして、フィン、ポーたちの人間模様も描いて欲しかった。

とはいえ、そこは視聴者の想像力におまかせする、というとこなのであろう。

関連記事

  1. 映画『スターウォーズ エピソード3〜シスの復讐』シディアス卿の姿…
  2. 映画『スターウォーズ エピソード8〜最後のジェダイ〜』ルークの隠…
  3. 意外と強情で年老いていた!?クワイ=ガン・ジンの性格とは?
  4. クワイ=ガンは死んでなかった!?永遠の存在となった師匠の存在
  5. 映画『スターウォーズ エピソード8〜最後のジェダイ〜』ルークが最…
  6. 『スターウォーズ』おなじみのジャー・ジャー・ビンクス(グンガン人…
  7. 映画『スターウォーズ エピソード7〜フォースの覚醒〜』レイとカイ…
  8. 映画『スターウォーズ エピソード4〜新たなる希望』デススターの破…







ピックアップ記事

PAGE TOP