ハリーポッター

『賢者の石』ホグワーツ魔法学校の秘密〜スネイプ先生の怪しい影

ハリー・ポッターはホグワーツ魔法学校に入学した。

ライバルとなるマルフォイや新たな先生たちとの出会う。

その中でも、一際、影があり、

不審な行動を続けるスネイプ先生。

『賢者の石』でホグワーツの謎が少しずつ明らかになっていく。



スネイプ先生とクィレル先生

ホグワーツに入学したハリー、ロン、ハーマイオニーは、

マルフォイらと出会う。

所属する寮が決まると

ハリー、ロン、ハーマイオニー

グリフィンドールへ。

そして、

マルフォイスリザリン

と決まった。

 

グリフィンドールの寮長は

マクゴニガル先生

スリザリンには

スネイプ先生だった。

クィレル先生というスネイプ先生より

ポジションが上の人も

スリザリンの所属だった。

 

スネイプ先生と会うと、

なぜかハリーの額の傷が痛み出す。

これも悪であるという伏線か。

しかし、

こんな簡単に悪がスネイプ先生だと

言っていいものか。

 

少しおどおどしたクィレル先生は

スリザリンに似つかわしくない人にも見える。

 

ある日、ハリーは新聞で

以前ハグリッドと訪れた銀行に

強盗が入ったことをしる。

強盗はハグリッドが最後に訪れた

713番金庫で、ダンブルドア校長との

約束の品でもあった。

 

出入り禁止の部屋

ダンブルドア校長は、入学式で

決して暗黒の森に入ってはいけない

管理人フィルチさんも警告してる

右手3階にも近寄らぬこと。

もがき苦しむ死が待っている

と警告していた。

 

ハリー、ロン、ハーマイオニーは

何気なく歩いていた階段が

突然方向を帰る。

そこは、

出入り禁止の部屋であった。

 

何も知らずに入ったハリーたちは、

そこが立ち入り禁止の部屋だと気づく。

しかし、後ろから

フィルチさんが。

バレたらまずいと思ったハリーたちは

とっさに奥の部屋へと隠れた!

その奥にいたのは、

三つ首のケロベロスだった。



クディッチでのスネイプ先生の怪しい行動

はじめての浮遊術の授業で

ホウキにまたがったハリーは

マルフォイと共に浮遊術に長けていた。

 

ネビルロングボトムという

少しマヌケヅラの子供が浮遊術で暴走すると

先生はネビルを連れに医務室へ。

その間、マルフォイに喧嘩を売られたハリーは、

思わず浮遊術を目一杯使ってしまう。

これを目撃したマクゴニガル先生は、

ハリーをクディッチ(というホウキを使ったスポーツ)のシーカーにしようとした。

 

シーカーはエースストライカーのような存在。

ハリーは試合の中、クディッチを追いかけようとした時、

ハリーのホウキが暴れだした。

明らかに様子がおかしいと

悟ったハーマイオニーは、

疑わしきスネイプ先生を観察。

スネイプ先生は、何か呪文を説いているようだった。

 

呪文をやめさせようとした

ハーマイオニーはスネイプ先生の服に火をつける。

スネイプ先生は火に気を取られ、

その間、スリザリンの客席は大慌て。

ハリーの魔法は解け、クディッチではハリーが見事に勝利をもぎ取った。

スネイプ先生が慌てる最中、

そこにはクィレル先生もいた。

 

トロイの侵入

食事をしていると、

クィレル先生が大慌てで全校生徒に知らせた。

トロールだーーー!!

トロールが地下室に逃げたーーー!!」と。

 

ロン曰く、

トロールは足が遅い。

一人でに侵入することは考えられない。

誰かが侵入させたんだ。

これは興味深い。

 

ハーマイオニーがなぜか

女子トイレで泣いていたのだが、

女子トイレにトロールが襲いかかる。

新しく習った呪文

ウィガーディアンレヴィオーサ

でトロールを気絶させたロン。

 

後から駆けつけたのは

マクゴニガル、スネイプ、クィレル先生だった。

スネイプ先生は、なぜか右足に

何者かに引っ掻かれたような傷を負い、

ハリーに見られて慌てて隠した。

 

スネイプ先生は異様に怪しい行動ばかりしている。

これは本物か、見せかけか。

 

ハグリッドの失言、ニコラス・フラメルなるもの

ハリーとしては、スネイプ先生が

明らかに怪しいと睨んでいた。

クディッチの件、足に傷を抱えた件

何よりあの陰気な風貌が

怪しさMAXだった。

 

スネイプ先生は怪しいよ

とハグリッドに伝えると

ハグリッドは

スネイプ先生は

出入り禁止の部屋を守る役割だぞ?

またハグリッドは重要な言葉を残す。

ニコラス・フラメルに任せておけ

 

ホグワーツに隠された秘密

新しいニコラス・フラメルとは誰なのか。

 

まとめ

ハリーポッター賢者の石の中盤でわかったことは・スネイプ先生とクィレル先生はスリザリン

・スネイプ先生は立ち入り禁止の部屋の番人

・クディッチの時、ハリーに呪文をかけてるように見えた。

・が、そこにはクィレル先生も映っていた。

・何者かが、銀行に侵入し、ハグリッドと訪れた金庫を襲った。

・出入り禁止の場所に入れるのはダンブルドア校長とハグリッドだけ。

・トロールが侵入した時、スネイプ先生の右足には爪で裂かれたような傷跡が

・新しいニコラス・フラメルなるものが存在する

 

中盤に来て、新しい情報が次々と舞い込んでくる。

隠された部屋の謎、ハグリッド、スネイプ先生が隠していること。

真実はどこに隠されているのか。

 

関連記事

  1. 『ハリー・ポッター賢者の石』序盤に設定が明かされすぎる
  2. 映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』トム・リドルがヴォルデモート…
  3. 映画『ハリー・ポッター』シリーズを順番に見よう!!あらすじ・ネタ…
  4. 『賢者の石』解き明かされる真相”例のあの人̶…







ピックアップ記事

PAGE TOP