キングオブエジプト

オシリス神話の実写映画「キングオブエジプト」感想【古代エジプト】

2016年に放映された『キングオブエジプト』

古代エジプトの話でオシリス神話をもとに作られている。

また最新のVFX技術を使用したスケールの大きい映画。

 

【ヒーロー型ストーリー】オシリスの敵セトが史上最強の神になる

※ネタバレ注意


映画の型におきまりの展開がある。

特にヒーロー型の映画は展開がわかりやすい。

「キングオブエジプト」はとてもわかりやすいストーリー展開で、

オシリス神話を知っていたら簡単に想像できる。

 

<簡単なストーリー展開>

①エジプトの王とだったオシリスが歳をとったため

王座をホルスに譲ろうとした

 

②納得のいかないセトは騙してオシリスを殺して王となる

セトはホルスの目を抉り取って力を得る。

ホルスは力を失う。

 

③左目を失ったホルスは遠くの世界に逃げ込んでパワーを貯める。

セトはネフティスの羽根をちぎり、

知の神トトの脳みそを奪い最強になる。

 

④ホルス(ファラオ)がセトを倒す

 

 

②の段階で、映画では両目を奪われるのですが、神でない主人公ベックによって右目は取り返す。

 

最新映像技術VFX効果で神の攻防がダイナミック

 

キングオブエジプトの映像は完全いVFX(visual effexts)技術を使用している。

神であるホルスとセトは人の形をしているが

ハヤブサの姿になる。

 

太陽神ラーに至っては、

人間の姿をしておりながら体に火をまとっている。

 

キングオブエジプトでは、

神々による壮大なアクションバトルが繰り広げられ

あなたを興奮させてくれる。

 

 

余談:VXF(visual effects)技術について

 

VFX技術は

「CGをよりレベルの高い映像技術」のこと

視覚的に現実ではありえない映像を作りだすことができる。

 

VFXの有名どころと言えば、

スターウォーズ』『トランスフォーマー』など

昔からたくさん作られてきている。

 

 

日本ではVFX-JAPANアワードが開催されており、

2018年ではV6岡田准一さん主演の『海賊と呼ばれた男』をはじめ、

アニメ『宝石の国』や『BLAME!』が最優秀賞を受賞するなど広がりを見せている。

 

冥界の扉で無事に楽園に辿り着けるのか<ザヤの運命>

 

神ではない一般人の主人公ベックの恋人ザヤ

ザヤはセトの奴隷制度により神殿の書庫で働いていたが

ベックと密に会っていた。

 

神殿に格納されていたホルスの目を奪うため、

ベックに神殿の地図を渡す。

 

ベックは神殿の地図を頼りにホルスの目を奪うが、

書庫の神官に見つかってしまい

命からがら逃げる途中、ザヤだけ殺されてしまう。

 

冥界への扉

オシリス神話では天国か地獄にいくか、

冥界の扉に行くまでに9つの門が存在し、

最後に審判を下される。

 

 

審判する場所は冥界への扉の前。

 

 

審判の門では神に捧げるものがあるか審判にかけられる。

それが真実であれば楽園にいける。

嘘であれば、幻獣アメミットによって魂を奪われ二度と生きることはなくなる。

 

 

ザヤは最後の門で楽園にいけるのか、アメミットに喰われるのか、それとも・・・

 

審判の基準は

宝石など価値のあるものを捧げれるかどうか。

 

 

冥界への扉の前には天秤が置かれている。

片方には羽根が一枚

もう片方に自分の身につけた何かをおく

 

 

羽根とは価値を測るためのもので、実際の羽根より軽いわけではない。(推察している)

 

エジプトでは「(きん)」が非常に価値があるものとされていた。

 

金の腕輪など、金に絡んだものを天秤に乗せると

確実に天国(楽園)に行けるようだ。

 

ベックがホルスの目を盗んだ一件で、

ザヤは何も身につけずに冥界への扉へいくことになる。

 

このままではザヤはアメミットによって魂ごと喰われてしまう。

 

審判の門ではミイラの神アヌビスに真実を天秤にかけられる。

ザヤの運命はこのまま幻獣によって喰われてしまうのか。

 

関連記事

  1. 古代エジプト神話を知るのに絶対参考になるサイト
  2. 神々のルーツを辿る!映画『キングオブエジプト』を楽しむために【冥…
  3. 神々のルーツを辿る!映画『キングオブエジプト』を楽しむために【楽…
  4. 映画『キングオブエジプト』ザヤ役のコートニー・イートンが美しすぎ…







ピックアップ記事

PAGE TOP