11人目のストライカー

『11人目のストライカー』爆弾犯からの暗号トリックを解説!ネタバレ注意【解答編】

名探偵コナン映画『11人目のストライカー』は30億円越えの大ヒットアニメ映画。

今作登場する犯人からの暗号が出題されていた。

さあ、君はわかったかな?

ネタバレ注意だから、挑戦してから読み進めてほしい。

 

『11人目のストライカー』暗号その1

 

本作では、大きく2つの暗号が紹介されている。

まず1つ目の暗号だ。

青い少年と青いシマウマ

  上からの雨

  下から人が左の手でそのまま示すのは左の木

ヒントは『次は米花。ネクスト米花

 

解答はこうだ。

 

青い少年と青いシマウマ

これは作中に登場するあるキャラクターを意味していた。

サッカーチームのマスコットキャラクターである。

犯人から爆破予告があった当日、東都スタジアムで

東京スピリッツvsガンバ大阪の試合が行われていた。

 

つまり、初めの言葉は東都スタジアムのことを指していた。

 

上からの雨、下から人が左の手でそのまま示すのは左の木

上からの雨=これは「雨(あめかんむり)」を表す。

下から人=「人(にんにょう)

左の手=「手(てへん)

そのまま示す「」はそのまま。

左の木=「木(きへん)

 

それぞれが漢字の部首を表していた。

部首のみ表すとこのような絵が浮かび上がってくる。

そして「次は米花、ネクスト米花

こいつは地名を表しているものではなく、

このようにアナウンスされるもの。

 

そして部首が浮かび上がった文字から、連想される言葉は

電光掲示板」だ。

解けたかな?もし解けていたらおめでとう

 

『11人目のストライカー』暗号その2

 

1回目の爆破で、なんとか死者を免れたコナンたちであったが、

犯人からの手紙が郵便受けに入っていた。

 

手紙には長い文章が書いてあったが、実は関係のないことであった。

奇妙に伸びた「」という文字。

なぜか「す」が伸びた先のホッチキスには、上からインクがついていた。

 

わざわざホッチキスを止めた後に、インクがはみ出ることも考えにくい。

とすると・・・意図的にインクが被さった可能性が高い。

 

これは手紙を囲った全体をサッカーの球場に見立てみると、

「す」から伸びた直線が「ホッチキスの真ん中に当たっている

 

つまり犯人からの暗号は、

当日に行われる全球場で「サッカーのゴールバーの真ん中に当てよ

ということであった。

ゴールポストのここに当てよというのだ。

 

flooy / Pixabay

 

リアルで見ると、どだい無理な注文である。

 

さあ、解けただろうか!?

もし解くことができれば、君は11人目のストライカーになれるはずだ。

名探偵コナン『11人目のストライカー』は暗号も考えられており、スリルがあって楽しめる。

 

一度見たら損はないはずだ。

⇨【名探偵コナン映画『11人目のストライカー』暗号を解いて爆破を止めろ!あらすじネタバレ

 

 

関連記事

  1. 名探偵コナン映画『11人目のストライカー』暗号を解いて爆破を止め…
  2. 【ネタバレ】世紀末の魔術師がニコライ二世に贈ろうとしたインペリア…
  3. 名探偵コナン映画『純黒の悪夢(ナイトメア)』のあらすじネタバレ
  4. 【ネタバレ注意】名探偵コナン『天国へのカウントダウン』もっとも死…
  5. ロンドンの街を恐怖に陥れたJackTheRipper(ジャックザ…
  6. 怪盗キッドが100億円を要求した本当の理由は!?『業火の向日葵』…
  7. 名探偵コナン映画『業火の向日葵(ごうかのひまわり)』キッドの予告…
  8. アニメ名探偵コナン映画『迷宮への十字路(クロスロード)』通り名の…







ピックアップ記事

PAGE TOP