名探偵コナン

『業火の向日葵』7人の侍に裏切り者がいた!?裏切り者とは!?

かの有名な画家フィンセント・ファン・ゴッホが描いた7枚の『向日葵(ひまわり)』

世界各地に散らばった絵画を鈴木次郎吉が買い占めた。

この名画を展覧会会場のレイクロック美術館に運ぶのには、厳正なるセキュリティが必要だった。絵画を無事に運搬するために雇われた「7人の侍」が登場する。

 

7人の侍とは?

「7人の侍」とは、ゴッホが描いた作品『向日葵(ひまわり)』を守るために雇われた衛兵。

最強の布陣という鈴木次郎吉が用意した7人の侍を紹介しよう。

7人の特性が生かされて絵画を守ることができよう。

 

圭子 アンダーソン(けいこ アンダーソン)【企画プロデューサー】

レイクロック美術館の「向日葵」の展覧会の総指揮を執るベテランだ。

経験豊富な圭子アンダーソンは、警察の人であれ、絵画から遠ざけるといった警戒心を見せていた。

劇中ではさほど重要な役割を果たさないので、スルーしても良いだろう。

 

宮台 なつみ(みやだい なつみ)【鑑定士】

彼女は若いなりにも絵画を愛する名鑑定士。

ゴッホの「向日葵」に対しても研究を進めていた。

劇中でも絡みは多い。

 

「向日葵」の展覧をしてみてはどうかと持ちかけた人物。

絵画のセキュリティについて会話しているとき、

宮台が「キッドカードよ!」と声をあげる。

そして念のため「自分で鑑定させて欲しい・・・」という。

 

だがそれも警備員として紛れ込んでいた怪盗キッドによって

鑑定はできなくなるのだが・・・。

 

ちなみに声優は、女優の榮倉奈々

 

東 幸二(あずま こうじ)【修復士】

2番目の「向日葵」を発見した人物。

劇中の最後に明かされるのだが、彼は兄と「向日葵」を発見する。

だが「向日葵」を見つけるや否や兄は変わっていく。

やがて兄と口論になり、口論の最中、所持していた拳銃が過って暴発

 

彼が「向日葵」への執着と犯人に思われたが、

兄を殺してしまったことを自首しようとしていた。

 

岸 久美子(きし くみこ)【演出家】

「向日葵」の展覧会を成功させるための演出を担当するのが彼女。

「向日葵」の絵を1から順番に見せ、歴史を感じてもらいながら、

最後に7枚の絵を同時に見せるシステムを考案。

劇中でも圭子アンダーソンと会話するシーンがあるのだが・・・。

 

石嶺 泰三(いしみね たいぞう)【運搬のプロ】

彼は運搬することに知識の長けた人物。

鈴木次郎吉にはたびたび、「石嶺〜。」と頼られている人物。

世界各国、また日本の美術館から

「向日葵」を安全に運ぶのが彼の役目だ。

 

チャーリー 【ニューヨーク警察の警備】

劇中で最も、怪盗キッドに執念を燃やす男。

ニューヨークからわざわざ来日した警備担当。

怪盗キッドを知らない彼は

奴はなんでもする。たとえそれが人殺しであろうとな。」

と怪盗キッドを度々敵視する。

 

だが7人の侍の中では最も優秀な洞察力をもつ。

コナン鋭い洞察を交わすシーンも見所だろう。

 

毛利小五郎 【日本を代表する!?探偵】

言わずと知れた迷探偵。

工藤新一やコナンのおかげで名探偵となっている。

本作でも特に活躍するところがなかった。

さすがは、眠りの小五郎である。

眠ることなく幕を閉じた。

⇨【名探偵コナン『業火の向日葵(ごうかのひまわり)』あらすじ

『業火の向日葵』最も危険な人物 そして8人目の侍とは!?

7人の侍は、誰もが特技を持つスペシャリスト。

まさに完璧かに思われた。

だが、7人の侍には秘密が隠されていた。

 

度々登場する怪盗キッド。

そして怪盗キッドから届いた謎のメッセージ。

そのヒントを元に7人の侍に裏切り者がいた。

 

考えられる人物を挙げてみよう。

まず作中でもあまり絡みのない人物は除外しよう。

圭子アンダーソン、岸久美子、石嶺泰三だ。

この3人は劇中でも発言が少なく、ヒントとなるような行動がない。

明らかに”白”と言っていいだろう。

 

問題は残りの3人。

宮台なつみ、東幸二、チャーリーの3人だ。

関わりが深い人物ほど、犯人に関与しているとも言えるだろう。

だが東幸二が起こした事件は、劇中最後に後づけで語られる。

事件の真相は後づけすれば、なんでも成立してしまう。

 

名探偵コナンの監督も流石にそれはしないだろう。

となると宮台なつみ、チャーリーの二択だ。

果たして2人のうち、どちらが犯人か・・・。

観ていただけれわかるだろう。

 

最後に、実は8人目の侍がいることをご存知だろうか?

灰原がコナンに声をかけるシーンで「がんばってね、菊千代さん」というシーンがある。

これは黒澤明監督が作成した『7人の侍』に登場する菊千代のことである。

俳優の三船敏郎さんが演じていて、菊千代は一番強い。

 

7人の侍に裏切り者がいた以上、

コナンが8人目の侍、いや、7人目の侍になるであろう。

⇨【名探偵コナン『業火の向日葵(ごうかのひまわり)』あらすじ

 

関連記事

  1. 【ネタバレ】『名探偵コナン 世紀末の魔術師』ラスプーチンの末裔・…
  2. 怪盗キッドが100億円を要求した本当の理由は!?『業火の向日葵』…
  3. アニメ名探偵コナン映画『 ベイカー街(ストリート)の亡霊』あらす…
  4. 名探偵コナン映画『純黒の悪夢(ナイトメア)』のあらすじネタバレ
  5. アニメ名探偵コナン映画『探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)』の犯人は…
  6. ゴッホの向日葵(ひまわり)と心中しようとした宮台なつみの動機が微…
  7. 映画最新作『名探偵コナン 緋色の弾丸』の放映前に観たいのは!?無…
  8. アニメ名探偵コナン映画『迷宮への十字路(クロスロード)』通り名の…
PAGE TOP