名探偵コナン世紀末の魔術師

  1. 『名探偵コナン 世紀末の魔術師』ラスプーチンの末裔・浦思青蘭、右目を狙うスコーピオンの謎!

    古代ロシア、ロマノフ王朝の研究家、浦思青蘭(ほし・せいらん/プース・チンラン)は、インペリアル・イースター・エッグを我が物とするため、次々と人を殺してゆく。別名スコーピオンと呼ばれる暗殺者。なぜ彼女はスコーピオンと呼ばれたのか、なぜ右目を…

  2. 世紀末の魔術師がニコライ二世に贈ろうとしたインペリアル・イースター・エッグの本当の意味とは!?

    鈴木財閥が秘密裏に保有していたメモリアルエッグ。これを盗むと怪盗キッドから一枚の手紙が送られる。そ…

PAGE TOP